外壁・屋根塗装について

2017-07-09

外壁又は屋根を塗装する際、表面の状況が悪すぎると、塗装する際に相当な費用がかかる場合があります。具体的には下塗りのシーラーを通常より2~3倍の量を使用する等、基材の修復にはかかせない要素となります。 あまりに下地の状況が悪すぎると塗装ができないことも特に海沿い(塩害によるものが多い)、豪雪地帯(雪害)、ではよくあります。そういう場合は、その部分を交換し対応します。